カテゴリー
古本を売る時のコツ

専門書の処分にお困りなら | 横浜で専門書の古本買取

一口に専門書といっても、そのジャンルは医学書哲学書など多岐にわたります。大学の法学部なら法律関係の専門書、経済学部なら経済の専門書というように、学問をするにあたって専門書は必須アイテムともいえます。

また、新しいジャンルの職種に挑戦する時にも、前もって知識をつけるために専門書を利用する方は多いでしょう。そのため、使わなくなった医学書・鍼灸専門書、理工学書など、自宅の本棚に溢れて処分にお困りでしたら、専門書買取に出すことをおすすめします。

大型チェーンの古本店では専門書は好まれないことも

チェーン展開をしている古本店は、需要の高い一般本を好む傾向があるので、市場に出回る機会の少ない専門書などの書籍はあまり好まれません。たとえその専門書が絶版本で、特定の人達にとって価値のある書物であっても買取を断るケースが多いようです。

また大型チェーン店は、文化的価値といった基準で専門書買取を提案するのではなく、専門書の新しさや汚れを評価基準にする傾向が多いように感じられます。

専門書買取を行っている古本店を利用しよう

市場に出回る機会の少ない専門書だからこそ、他人にとっては喉から手が出るほど欲しい1冊かもしれない学術書や専門書といった中古本は、価値が分かる古本店を利用すれば高価買取を実現することができます。

一般的な買取方法では、単行本や新古のほうが高く評価されやすい傾向にありますが、専門書買取を行っている古本店なら、専門性や希少価値が高いほど高額査定となります。専門書の処分をお考えでしたら、ぜひ専門書買取している古本店を利用するのがおすすめです。

横浜の専門書買取・古本買取なら
カネシバ書店は横浜市で専門書買取を行っています。たとえば学生の時に使っていた医学書や哲学書、転職の際の勉強で使っていた鍼灸の本、デザインブックなどがありましたら喜んで買取させていただきます。ISBNコードがないような古書も積極的に買取していますので、横浜市での専門書買取なら、ぜひカネシバ書店をご利用ください。

mail:info@ok9bricks.com
Tel:045-513-9600

お問い合わせフォーム

    カテゴリー
    古本を売る時のコツ

    宅配買取について

    古書や専門書写真集などを本棚にしまったままの方は、古本買取を活用してみませんか。高価買取が実現すれば、新しい本を購入するための費用にすることができるので効率的です。

    現在では宅配買取や出張買取など様々な買取サービスが行われていますが、こちらでは宅配買取についてご紹介いたします。

    そもそも宅配買取とは

    読み終えて本棚に眠らせている本を、自宅にいながら簡単に売ることができるサービスのことを宅配買取といいます。業者に商品を送ると査定後、買取金額が提示され、発送者が買取金額に了承することで、銀行口座に振り込まれます。自宅近くに買取業者がないという方や、自宅から出ることが難しい方にぴったりのサービスです。高価買取のカネシバ書店は、送料無料宅配買取サービスですのでお得で安心です。

    大量の本を売る時

    本は知らず知らずにうちに溜まってしまうものです。自宅に多くの本が眠っている場合、その全てを店舗まで持ち込んで買取査定を行うことは、かなりの労力が必要になります。たとえ車での移動だとしても、車に乗せたり下ろしたりする作業も一苦労でしょう。

    そしてせっかく苦労して持ち込んでも、状態がかなり悪い場合はご希望に添えない可能性もあります。そうなると、また本を持って帰らなければいけません。
    宅配買取なら、自宅でダンボールに詰める作業をするだけですので、本が大量にあっても手軽に行うことができます。

    トラブルの可能性が低い

    宅配買取は、しっかりとした買取業者と取引をすれば、トラブルなくスムーズに行うことができます。スマホが普及したことでインターネットがより身近になり、ネットオークションのような個人と個人で取り引きする方も増えています。

    しかし、個人と個人の取り引きの場合、どうしても連絡ミスや言葉の行き違えで大きなトラブルに発展してしまう可能性があります。取り引きを終えた後になって商品の状態が悪いなどのクレームを受けたり、入金の振り込みが遅れたり、などのトラブルを避けるためにも、宅配買取を活用されてはいかがでしょうか。

    まずはお気軽にお問い合わせください!

    mail:info@ok9bricks.com
    Tel:045-513-9600

    お問い合わせフォーム

      カテゴリー
      古本を売る時のコツ

      古本の天敵となる虫について

      自宅にある本の古本買取を、ご検討されている方は多いと思います。しかし1度読んでから何年も触れていない本もあるのではないでしょうか。本が劣化してしまう理由は色々とありますが、その1つとして害虫被害があります。こちらでは、古本の天敵となる虫についてご紹介いたします。

      シミとは

      原始的な昆虫であるシミは、漢字では「紙魚」と書き、古くから紙・衣類を食べる虫として知られています。世界では200を超えるシミの種類が確認されていますが、実際に本につくシミは体長が9~10ミリの種類です。諸説ありますが、湿った場所を好むので「シミ」という名がついた昆虫の被害から大切な本を守るためにも、早めに防虫対策をするようにしましょう。

      シバンムシとは

      シバンムシは漢字で「死番虫」と書くので、少し怖いイメージがありますが、もともと欧州でつけられた名前が当て字として漢字になったのです。漢字でのイメージとは違い、人的被害は直接ありませんが、本をトンネル状に穴をあけるように食べます。また、本のような紙素材だけではなく、小麦粉やパン粉を好む習性があり食害の危険性があるので、シバンムシを確認したら早めの防虫対策が大切です。

      駆除・防虫のポイント

      シミやシバンムシを確認したら、何よりも先に発生場所を特定することが大切です。シミもシバンムシも直接人的な被害があるわけではありません。しかし、本・衣類・食品に害を及ぼしますし、見た目が不快なので駆除することをおすすめします。

      一般的な殺虫剤を使って駆除することが可能ですが、新たな発生を防ぐためにも部屋の乾燥を心掛けて、本は晴天時に天日干しをし、小麦粉など食品の管理をしっかり行うことが大切なポイントです。

      まずはお気軽にお問い合わせください。

      mail:info@ok9bricks.com
      Tel:045-513-9600

      お問い合わせフォーム

        カテゴリー
        古本を売る時のコツ

        本をより高く売るためには

        一回読んだきり、しばらく読んでない本、本棚で眠っている本などありましたら、高価買取のポイントを押さえて古本買取に出しましょう。

        見た目をキレイにしよう!

        同じ書籍であっても、見た目の状態によって査定金額が変動することは珍しくありません。古本買取店の立場からすると、キレイな本は「売りやすさ」に繋がるため、査定の段階から買取金額を高めに設定します。

        破れたページや消せない汚れ、日焼けやシミは仕方ないとして、ホコリや折り目、書き込みなど、改善できる部分はご自身でクリーニングするのがポイントです。

        汚れ除去の仕方

        1. 住宅用洗剤(弱アルカリ性のもの)を、「水8:洗剤2」の割合で薄めます。
        2. 乾いた布やティッシュに軽く染み込ませ、その面を本に当てて拭きとります。
          軽い汚れや手垢であれば、消しゴムでこすると意外と簡単に落とせます)

        ※本の材質によっては傷んでしまう場合がありますのでご注意ください。

        まとめて売ろう!

        同じジャンルや作者で統一する、漫画や小説のようなシリーズものの場合は、一冊一冊バラで売るよりも全巻揃いのほうが遥かに高額です。
        もし全巻に満たないのであれば、足りない分の巻数を別の古本屋で安く購入して全て揃えてからセットで売るという方法もあります。

        また、表紙のカバーや小冊子、内容の訂正書や付録のCD・DVDなど、購入時に付いていたものがあればあるほど良く、帯やアンケートはがきも査定額に影響してきます。

        できるだけ早く売ろう!

        プレミアのつくような希少価値のある本を除き、発売日から時間が経てば経つほど減額対象となってしまいます。特に連載ものの場合は、連載終了後からしばらく経つと急激に値段が下がってしまいますので、価値の高いうちに早めに売却されることをおすすめします。

        専門書は時間が経っても減額しにくい傾向にありますが、新装版や改訂版、類書の新刊が出ると大幅な減額対象となってしまうので、やはり早めの売却をおすすめします。

        梱包にもひと手間を

        買取宅配を利用する際、梱包の仕方にもポイントがあります。縦積みではなく横にして平積み(寝かせた状態)するのです。縦に詰めてしまうと、本の角が押し潰されやすく形が崩れやすくなりますが、横積みならそのような心配がありません。本と本の間になるべく隙間をつくらないよう、新聞紙などを挟むようにすると運送途中の衝撃で本のダメージを最小限に抑えられます。

        古本買取の高額査定・高価買取なら、横浜のカネシバ書店へ
        古本買取の高額査定を狙うならカネシバ書店をご活用ください。ネット専業ならではの徹底したコストカットにより、その分を買取価格へ還元しています。特価買取リストを毎週更新していますので、事前にご確認の上、査定をご依頼ください。
        また、カネシバ書店では横浜市や川崎市など、神奈川県内を中心に出張・宅配・持ち込みの3つの買取サービスを展開しています。主要地域の横浜市鶴見区・横浜市西区・海老名市・川崎市川崎区以外のエリアにも対応可能なので、まずは気軽にご相談ください。

        mail:info@ok9bricks.com
        Tel:045-513-9600

        お問い合わせフォーム

          カテゴリー
          古本を売る時のコツ

          古本の面白さ

          日々多くの新書が発売されていますが、古本の魅力に魅かれ購入されている方は沢山いらっしゃいます。古本には、新書にはない独特の味が隠されているのです。こちらでは、古本の面白さについてご紹介いたします。

          古本と古書の違いについて

          古本と古書の意味を、混同している方は多いのではないでしょうか。古本とは、一度でも誰かが所有していた本のことをいいます。それに対して古書とは、新書として購入できない絶版本のことをいうのです。

          また、割引しても売れ残ってしまった本を書店が処分するために古本屋に売った場合は、誰も所有していない本なので新古書として取り扱われます。

          希少価値の高い本に出会える

          書店には数多くの人気本が販売されていますが、それらは比較的簡単に手に入る本ばかりです。発売から年月が経っている本を購入したい場合は、書店に注文をする方法がありますが、本自体が絶版されていたら手に入れることは難しいでしょう。

          そのような場合は、ぜひ古本を購入してみてはいかがでしょうか。古本なら絶版になっている本でも出会える可能性があるのでおすすめです。

          自宅でずっと眠っている本の中にも、誰かが必要としている1冊があるかもしれません。

          神奈川県の古本買取なら
          カネシバ書店は、神奈川県を中心に古本買取を行っています。多くの人に古本の面白さや魅力を伝えるために、古本買取を活用してみてはみませんか。持ち込みでの買取はもちろん、出張・宅配買取も承っています。人件費などのコストを抑えることで、高価査定を実現させていますので神奈川県で古本買取の依頼なら、ぜひカネシバ書店をご利用ください。

          mail:info@ok9bricks.com
          Tel:045-513-9600

          お問い合わせフォーム

            カテゴリー
            古本を売る時のコツ

            Blu-ray、DVDの保管方法

            お気に入りのBlu-ray、DVDの美しい映像を楽しむためには、しっかりと保管をすることが大切です。こちらでは、Blu-ray、DVDの保管方法についてご紹介いたします。

            Blu-ray、DVDの寿命について

            レーザー光による非接触で再生・記録することができるので、Blu-ray、DVDなどの光ディスクの寿命は長いというイメージを持たれている方は多いのではないでしょうか。しかし経年変化や腐食・変質によって、わずかの年数で再生不能になることも多くあります。適切な保管をすれば数十年もつと言われているので、日頃の保管方法が大切になります。

            取り扱いのポイント

            ケースまたはプレイヤーからBlu-ray、DVDを取り出す際、ホコリや手垢が記録面に付着していると画像に影響しますので、レンズクロスで拭かれると思います。Blu-ray、DVDを拭く際には円に沿って拭くのではなく、真ん中から外側に拭くことがポイントです。

            円に沿って拭いてしまうと、Blu-ray、DVDの構造上キズが影響しやすくなってしまうので気をつけましょう。とても身近な存在になったBlu-ray、DVDですが、取り扱い方を間違えると画質が悪くなったり、場面が飛んだりする恐れがあります。

            保管する場所の環境

            材質上Blu-ray、DVDはとても水に弱く、湿気を吸収し化学変化を起こしてしまうので、高湿度の場所は適していません。また、高温の場所を苦手とするBlu-ray、DVDは紫外線にも弱く、短い時間でも直射日光にあたっていると、急速に劣化してしまいスムーズに読み込みすることができなくなってしまいます。

            以上の点から、Blu-ray、DVDは高温多湿で直射日光があたる場所を避けて保管するよう、心掛けることが大切なポイントです。

            横浜のDVD買取なら
            神奈川県横浜市でのBlu-ray、DVD買取なら、ぜひカネシバ書店をご利用ください。送料無料の宅配買取・神奈川県内なら出張料無料の出張買取などのBlu-ray、DVD買取サービスを行っています。サイト運用のため人件費がかからないので、その分高価買取に還元しています。 おすすめの高価査定商品をサイト内で紹介しているので、参考にしてみてください。横浜をはじめ神奈川県近辺で、Blu-ray、DVD買取をご検討されている方の沢山のご利用を心からお待ちしています。

            mail:info@ok9bricks.com
            Tel:045-513-9600

            お問い合わせフォーム

              カテゴリー
              古本を売る時のコツ

              手軽にできる本の縛り方

              大量にある本を整理する際に、紐で縛って保管をしているという方は多いのではないでしょうか。しかし、どんなにきつく縛っても持っている時にほつれてしまったり、積んでいる本が歪んだりすることがあると思います。こちらでは、手軽にできる本の縛り方をご紹介いたしますので、参考になれば幸いです。

              目的に合わせて紐を選ぶ

              雑誌や古本を紐で縛る場合、保管目的とリサイクル目的があると思います。保管目的で本を縛る場合は、耐久性も考えてできるだけ幅が広い紐がおすすめです。幅が広い紐は紐自体の強度が優れていますし、なにより本へのダメージを抑えることができます。リサイクル目的の場合は、細い紐でも問題なさそうですが、古本買取を目的として本を縛る場合は、移動の際に本が傷つく恐れがあるので幅が広い紐がおすすめです。

              本の積み方

              本を積む際は床に積むのではなく、テーブルなど高さのある台に積むことがポイントです。本を適当な台に積んだら縦半分を台からずらします。ずらした底面の部分から紐を縦に巻きつけていきます。本を台からずらしているので紐を巻きつける作業をする際、積み上げた本をひっくり返す必要がなくスムーズに巻くことができます。

              90度回転させる

              縦に2~3周巻きつけたら上部分の中央で一度紐をきつく縛ります。そのまま台からずらしている本を90度回転させると、次は横半分が台からずれている状態になるはずです。そして、縦部分を縛った時と同じように、2~3周巻きつけて最後にきつく縛れば、手軽にスムーズに本を縛ることができます。

              雑誌や古本を縛って整理整頓しても本が溢れているなら、ぜひ神奈川県を中心に古本買取を行っているカネシバ書店をご利用ください。 カネシバ書店は、神奈川県古書組合加盟店の古書店が運営していますので、チェーン店にはない買取ノウハウで古本買取を行います。ネット専業をすることにより、これまで必要だった人件費がかからないので、その分を買取に還元し高価査定が可能です。 神奈川県内出張費無料サービスや送料無料の宅配買取サービスも行っているので、多くの方のご利用をお待ちしています。

              mail:info@ok9bricks.com
              Tel:045-513-9600

              お問い合わせフォーム

                カテゴリー
                古本を売る時のコツ

                本を整理するポイント

                日頃から本をよく購入していると、本棚が溢れかえってしまい片付けに手間がかかってしまうことはありませんか?日頃から気をつけていても、本を出し入れしている内に散らかってしまうものです。そんなお悩みを解決するためこちらでは、本を整理するポイントをご紹介いたします。

                全ての本を出してみる

                本の整理整頓が上手く行かないという方は、本棚の本から押し入れなどにしまっている本まで、一度持っている本を全て出してみましょう。全ての本を出す作業をしている内に、いつ購入したか分からないような本、ずっと探していた本に出会う可能性があります。また、内容が同じような本が出てくることもあるでしょう。全ての本を出すことは大変な作業かもしれませんが、自分がどのような本を持っているか再確認するためにも大切なポイントです。

                本の定位置を決める

                自宅の本棚を見てみると、漫画本・写真集・小説・専門書などが一緒に収納されてはいませんか。様々な分野の本を一緒に収納してしまうと、本の出し入れが雑になってしまいますし、読みたい本を探すのも一苦労です。

                そのようなことにならないためには、図書館のようにカテゴリー別に分けて本棚に収納するのがおすすめです。カテゴリー別に分けることで、自然と本の定位置が決まってくるので、整理整頓がしやすくなります。

                必要ない本はリサイクルへ

                思い入れがある本を整理する前は「全部手放せない!」と、感じていた方も整理をしていく内に、本棚に戻すか迷う本が出てくることはよくあります。続きを読もうと思って何年も読んでいない本にとって、「いつか」は近日かもしれませんし、すごく遠い日になるかもしれません。そういった本を処分しきれないことが、収納するスペースがなくなっている原因になっているのです。今は必要としていない本をリサイクルに出して、改めて必要になった時に手に入れるのも1つの方法です。

                古本のカネシバ書店は、古本買取専門サイトです。送料無料の宅配買取や、神奈川県を中心に出張買取のサービスも行っていますので、遠方の方にも安心してご利用いただけます。 また、サイト運用は店舗を構えるよりも人件費がかからないので、その分高価買取を実現できます。ISBNコードがない古書の買取も積極的に行っていますので、古本の高価買取ならぜひカネシバ書店をご利用ください。

                mail:info@ok9bricks.com
                Tel:045-513-9600

                お問い合わせフォーム

                  カテゴリー
                  古本を売る時のコツ

                  ISBNコードについて

                  本の裏表紙にある13桁の番号はISBNコードといいます。ほとんどの本にありますので、見たことがあるという方は多いかと思います。このISBNコードの意味についてご紹介いたします。

                  ISBNコードが割り振られている理由

                  ISBNとは「International standard book number」の略で、直訳すると国際標準図書番号といい、世界中の書籍に割り振られている番号です。コードを割り振ることにより、スムーズに出版物の特定が可能になります。

                  絶版になっても、その書籍のコードが再度使用されることはないので、同じコードを持つ書籍は存在しません。この仕組みが守られることによって、出版者・流通関係者は書籍情報の共有が可能になり、読者の需要に素早く的確に応えることができるようになります。

                  ISBNコードのはじまり

                  1966年にイギリスで「SBN」と呼ばれる国内向けの規格が開発されたのをきっかけに、1970年国際標準化機構(ISO)に採用されたことでISBNが誕生し、書籍を管理する世界標準の規格となりました。

                  日本には、昔からISBNコードがあるというイメージを持つ方は多いのではないでしょうか。しかし、日本がISBNを管理する国際団体に加盟したのは、ISBNが誕生した10年後の1980年ですので、実はまだまだ最近のことなのです。
                  日本国内のISBNコードはもともと10桁でしたが、発行コードの限界が近づいてきたことで、2007年から13桁のISBNコードが使われています。

                  カネシバ書店は、神奈川県横浜市を中心に専門書買取を行っています。一例として学生時代に使っていた医学書や哲学書の処分に困っている方、古書・鍼灸の本・デザインブックなどが自宅に眠っているという方がいらっしゃいましたら、専門書買取を活用してはみませんか。 他の店舗で買取を断られた、ISBNコードがない専門書の買取も積極的に行っていますので、専門書買取の依頼なら横浜市にあるカネシバ書店をご利用ください。

                  mail:info@ok9bricks.com
                  Tel:045-513-9600

                  お問い合わせフォーム

                    カテゴリー
                    古本を売る時のコツ

                    Blu-ray、DVDを高く売るポイント | 横浜で高価査定のDVD買取

                    好きな映画をいつでも観られるようにBlu-ray、DVDを集めている方、色々と購入している内に収納場所がなくなってきてはいませんか?観なくなったBlu-ray、DVDの整理は、Blu-ray、DVD買取店の利用をおすすめします。

                    Blu-ray、DVDは早目に売ったほうがお得

                    どんなものにも流行り廃りがありますが、特に映画は毎月の様に新作が上映されるので、それに合わせてBlu-ray、DVDも多く販売されています。面白くて人気のある作品でも、次々と新しい作品が何本も発売されるため、需要が低下してから売りに出しても二束三文にしかならないことが多いのです。

                    Blu-ray、DVDは発売日に購入したら早目に売ることで高価買取に繋がり、新作Blu-ray、DVDを購入する費用にすることができるのでお得です。しかし中には、また観たくなる時があると思う方もいらっしゃるでしょう。その時には、安くなった中古のBlu-ray、DVDを購入して観たほうがより沢山の映画を楽しむことができますし、2度観たくなるほど本当に好きな映画だけをコレクションできます。

                    魅力的なBlu-ray、DVDボックス

                    人気映画は、シリーズ化されることが多くあります。そのためBlu-ray、DVDは1枚ではなく、複数枚をセットにしたBlu-ray、DVDボックスが発売されることが多々あります。シリーズ化されているBlu-ray、DVDを単品で売るよりは、当然シリーズが揃っている方が高価買取を期待することができすし、Blu-ray、DVDボックスなら特製のボックスがついているので、映画のファンにとっても魅力的なのです。人気の映画の限定Blu-ray、DVDボックスならファンの間でプレミア化されている可能性もあるので、しっかりとした査定ができるBlu-ray、DVD買取店への依頼がおすすめです。

                    横浜で高価査定のDVD買取なら
                    カネシバ書店は、横浜市でBlu-ray、DVD買取を行っています。古書組合加盟の古書店が運営しているので、安心してご利用いただけます。出張買取や宅配買取のサービスも可能ですので、横浜市にお住まいの方の方だけではなく、他県から多くのご利用をお待ちしています。Blu-ray、DVD買取なら、ぜひカネシバ書店をご利用ください。

                    mail:info@ok9bricks.com
                    Tel:045-513-9600

                    お問い合わせフォーム